今日もどこかでスナフキン

kyousuna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2004年 12月 23日 ( 1 )


2004年 12月 23日

ジキルとハイド

今日は普段、アンダーグラウンドフォーク女王として活躍
してる人のオーバーグラウンドバージョンを観に行った。

つまりクラシックギターの発表会に行ってきました。

いつもは宇宙人との交信トークが果てる事無く
続くのであるが、

今日は、歌なしのしゃべりもなし。
一礼してすぐに演奏が始まった。

本人も言っていたが、今日のできは
十分満足できる内容ではなかったかも
しれないが、表現力は彼女のステージ
が一番よかった。とういうよりダントツ
だったね。ついでに開脚角度も。

イントロ部分はいつもは見せない
なかなか艶っぽい表情で
クライマックスに差し掛かってくると
息遣いも荒くなってきて、眼光も鋭く
こっちが緊張を強いられた。

この辺はやはりアングラで鍛えた
成果がでてますね。

今日はとにかく「女」を感じました。
本人はこれがホンマの姿やと
言うとりました。

アングラバージョンしか知らない
人はぜひ本当の姿も見てもイイかもよ。

で、今日一番胸を打たれたのが、

演奏途中で真っ白になってもて
完全に止まってしまった人がいてた
んです。

それを見てボクはなぜだか涙が
あふれてきました。

最近、涙腺のしまりが悪いのは
確かやねんけど、自分でもよお
ワカランわ。

まあ、そんなこんなでたまには
こーゆーのもイイかな。

ケケケ。

by gucchi-gt | 2004-12-23 00:42 | LIVE | Trackback | Comments(2)