今日もどこかでスナフキン

kyousuna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:野帳( 153 )


2015年 12月 27日

宮ケ瀬ダムでカメラ2台テスト

b0019819_0321781.jpg

超音波モーターの不調でずっと沈黙していた
EF500mmF4.5 が急に息を吹き返したので
中古のEOS7Dを購入、ついでに中古のSIGMA DPS1S
も購入。2台のカメラをテストするため宮ケ瀬湖へ行ってきた。
11/22

More

by gucchi-gt | 2015-12-27 01:01 | 野帳 | Trackback | Comments(4)
2015年 01月 11日

多摩川 MTBで野鳥観察

b0019819_21521822.jpg


久々にMTB GIANT AX-700を引っ張り出し、野鳥撮影仕様にして
多摩川を回ってきた。

More

by gucchi-gt | 2015-01-11 22:41 | 野帳 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 29日

内房の海岸でハヤブサを待つ。

b0019819_23351759.jpg


内房にハヤブサを探しに行ってきました。

More

by gucchi-gt | 2014-04-29 01:10 | 野帳 | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 01日

戦場ヶ原へ

水曜日に代休をとりまして
さくっと戦場ヶ原行ってきました。
今回は車です。

朝6時出発で10時半に赤沼の駐車場着。
平日の戦場ヶ原は人も居なくて静かに。。。
と思っていたら駐車場には大型バスが。

湯川沿いの遊歩道には小学生の集団が
100人くらい奇声を張り上げながら走り回って
おりまして、静寂とはかけ離れた世界でがっくしでした。

P1040191
しかしながら男体山はすっきりどーんと
夏空の下に鎮座しております。
いつか登ってみたいっす。

P1040188

P1040186
■panasonic DMC-GH-1 LUMIX G VARIO 14-42mm3.5-5.6
湯川の流れはほんとに滔々と表現がぴったりです。

後は湯元温泉で温泉はいって、帰ってきました。
中途半端に早く帰ってきたので、DVDでも観るかと
見始めましたが半分位寝てました。
さすがに寝不足がききましたね。

by gucchi-gt | 2012-08-01 23:39 | 野帳 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 21日

金環日食

SN3D0642
■携帯カメラ Sony W61S

観察グラスは用意していたんですが、
これでは撮影できないし、高価なフィルター買っても
つまんない画しか撮れなそうなので、
撮影ははなからあきらめていたんですが、

いい具合?に曇って裸眼でも観察できましたね。
犬の散歩の途中で携帯で撮影。

その後ちょっと晴れたときに観察グラスを使って
観ましたが、やっぱりフィルター越しでは
全然つまんなかったすね。
曇ってよかったよ。

by gucchi-gt | 2012-05-21 23:46 | 野帳 | Trackback | Comments(2)
2012年 01月 31日

チュウヒ大陸型 動画


■panasonic DMC-GH-1+NFD500mmF4.5L
日曜のチュウヒ大陸型です。
最近のカメラは動画も手軽に撮れるんで
便利です。

by gucchi-gt | 2012-01-31 21:55 | 野帳 | Trackback | Comments(2)
2012年 01月 29日

風の日曜の夕方、野っ原でチュウヒを追う。

最近は午前中仕事して午後からオフというパターンが多いです。
今日は北風が吹き荒れて冷たい一日でした。
マフラーと毛糸の帽子と手袋は必需品です。

正月に行った猛禽ホットポイントに行ってきました。
狙いはハイイロチュウヒ、コミミズク、そして大陸型チュウヒです。

道中の印旛沼は広沼だけみてさくっと通過。
現地には2時頃到着。
ハイイロチュウヒは塒の場所はわかっているが、
大陸型は前回たまたま見かけただけで、このあたりを
塒にしてるとは限らないので、とにかく探しまわる。

風が強く、あんまり鳥みかけせん。タゲリは相変わらずそこらじゅうで
ミューミュー鳴いてますが。

で、いきなり大陸型登場です。
近すぎてかえってピント合わせられません。
IMG_2767-t
■チュウヒ大陸型 トリミング
ジャスピンにhじゃ程遠いですが、なんとか見れるものが撮れました。
背中の微妙な配色が渋いです。
そ嚢がふくらんでます。

IMG_2766-t
■トリミング
どことなく呑気な表情のチュウヒに比べて、顔つきが
精悍です。ワルそうな顔してます。

IMG_2804-t
■トリミング
結構飛び回ってくれましたが、やはり遠いです。

IMG_2775
■シルエットだけみるとミサゴみたいです。
大陸型いるかもしれないという予備知識がないと見過ごしてまいそうです。
以上 Canon EOS20D+近代インターナショナルマウントアダプター+ NFD300mmF2.8L

P1030530-t
■トリミング
しばらく飛び回ったあと、地上に降りました。
遠いですが、三脚だして撮影します。
5分と撮影してるいると、手がちぎれそうになります。
チョー寒いです。
panasonic DMC-GH-1+NFD500mmF4.5L

P1030536-t
■トリミング
panasonic DMC-GH-1+NFD500mmF4.5L

P1030541
■Canon EOS20D+近代インターナショナルマウントアダプター+ NFD300mmF2.8L

この日は完全に暗くなるまで粘りましたが、コミミズクとハイイロチュウヒは
現れませんでした。
大陸型と遊んでるうちに、すでに塒入したのか、場所が変わったのか。

P1030557-t
■木星(多分)超トリミング
panasonic DMC-GH-1+NFD500mmF4.5L
完全に露出オーバーです。寒さで頭がまわりません。
ほとんど真上なので、カメラの操作は手探りで
やらないといけないので、手袋しているとやりづらくて
かないません。

周りに2つみてるのは衛星でしょうか?
もうちょっと勉強してみよう。

月も撮影しましたが、露出失敗してました。

足元も冷えきりました。ごっつい靴を履くと運転できないし
ちょっと足元の防寒考えよう。

by gucchi-gt | 2012-01-29 22:45 | 野帳 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 05日

チュウヒ大陸型

正月に撮影した写真を整理していたら、
ちょっと嬉しい発見がありました。
撮影しているときは、ちょっと感じが違う
ハイイロチュウヒだと思ってたのですが、
大陸型のチュウヒですね。
マダラチュウヒだったら座り小便ものなんですがね。
かなりの大トリミングですが、
IMG_2679-ht
■チュウヒ(大陸型)雄 トリミング レベル補正

IMG_2676-ht
■トリミング レベル補正

IMG_2678-ht
■背面はこんな感じです。トリミング レベル補正
これだけはっきり大陸型とわかる個体を見たのは
初めてです。
まあ、見てるときは気づかなかった訳ですが。

別の個体ですが、これもひょっとして大陸型かも。
尾羽根がかなり薄い灰色なので、そうかと思うのですが、
国内型の雄の可能性も。
図鑑をみても大陸型の雌と国内型の雄は区別できません。
これまたさらに大トリミング

IMG_2021-t
■チュウヒ トリミング レベル補正

IMG_2020-t
■トリミング レベル補正

普通の人にはただの冬枯れの田んぼ地帯ですが、
大陸型にハイイロにコミミとここはホットな場所です。



■以上全て
Canon EOS20D+近代インターナショナルマウントアダプター+ NFD300mmF2.8L

by gucchi-gt | 2012-01-05 21:02 | 野帳 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 02日

冬の猛禽を探して利根川流域二日目その3

昨日と全く同じタイミングでハイイロチュウヒの雄雌登場です。
IMG_2698
■ハイイロチュウヒ 雌



IMG_2731
■ハイイロチュウヒ
シルエットしか撮れません。


■光線の具合で体色がでている所があります。
このタイミングで写真を撮れば色がでるのかなあ。

P1030481
■富士山とチュウヒ

以上 Canon EOS20D+近代インターナショナルマウントアダプター+ NFD300mmF2.8L

今日も完全に暗くなるまで空中乱舞見せてくれました。
最後に月を撮影して撤収です。

P1030506
■9日月
panasonic DMC-GH-1+NFD500mmF4.5L

今回は遠征というほどでもなかったですが、
写真の出来はともかく冬の平地の猛禽は
ほぼ網羅できたので、満足でした。

by gucchi-gt | 2012-01-02 15:48 | 野帳 | Trackback | Comments(2)
2012年 01月 02日

冬の猛禽を探して利根川流域二日目その2

オオタカのあとはハヤブサが見たいといういことで、
以前見かけた実績がある利根川の中洲へ。
中洲といっても車道も走ってるし、水田地帯が広がっている
広い中洲です。

続きはコチラ

by gucchi-gt | 2012-01-02 14:15 | 野帳 | Trackback | Comments(0)