2015年 10月 05日

長野4泊5日 ジムニーJA22シェイクダウンの旅 Day1 

b0019819_2372832.jpg


世間ではシルバーウィーク
珍しくうちの会社も5連休を奮発
先だって納車されたジムニーに撮影機材やら
キャンプ道具を満載してジムニー初めての
長旅に行ってきた。




どこに行くべえかと散々考えたが、
まずは、長野県乗鞍にほど近い白樺峠に
鷹の渡りを見に行くことに。
その後は林道を探索しつつ撮影などもしながら
行き当たりばったりという方向で。
P1060080
連休前夜、帰宅後に準備をはじめ
いつものようにあれが無いこれが無いで
出発したのが、深夜の13:06
途中佐川急便の三多摩営業所で新兵器の受け取り
などしながら中央道にはいり、¥2,570を引き落とされつつ
松本IC4:20 松本IC付近はコンビニ、スタンドともに数か所あり。
スーパーなどは無し。

P1060202
で、国分寺から245km程走って白樺峠に5:40着。
ジムニーは高速道路も問題なく走ってくれた。
峠の駐車場はほぼ満杯。

P9190017
カメラ2台に300mmと500mm、ジッツオの重量級三脚を背負って
20分ほど山道を登るとタカ見の広場に着く。適当なところにカメラを設置。
遠距離は三脚につけた500m(マイクロフォーサーズなので、実質1000mm)で、
近距離は手持ちで300mm(apsにアダプターつけて実質約760mm)の二台体制で。

P1060085
たまに遠くの方をタカが飛ぶが、まだあまり動きはない。

IMG_3639
オオタカが二羽ほど通過。

P1060110
暇なので、雲などを望遠撮影してみる。
なんかゴミがいっぱいついてるな。

IMG_3687
頭上を飛ぶサシバ

P1060123
遠くの谷間を飛んでるのがクマタカらしい。
ゴマ粒ほどに写ってくれた。クマタカ初めて見た!
羽を極端にV字にして2,3分滑空して消えていった。



P1060142
8時くらいになって気温があがってくると
上昇気流が発生し始めたのか
10羽くらいの鷹柱が次から次へと沸いてくる。

IMG_3727
ハチクマ
それからは、頭上を飛ぶ個体も増えてきて撮影が忙しくなってきた!

IMG_3729
これもハチクマ
もうちょっと補正すれば、模様が出てくると思うが面倒なので
そのままで。現場で+補正固定でもよかったかな。

IMG_3770
ハチクマ
ハチクマは身体も大きいし、色も個体差が激しく面白い。
知らない人にとってはハチクマって何よ?の世界だろうが
見ようと思っても見れる鳥じゃないので、それが次から次へと
頭上を飛んでくれるので、やっぱり来た甲斐があるってもんだ。

IMG_3749
ハチクマ

IMG_3779
ハチクマ
サシバも飛んでくるが、やっぱりハチクマを追ってしまう。
でもハチクマ、見栄えはいいがハチを主食とする実生活は
地味なやつ。

IMG_3829
またまたハチクマ
小さく写ってるので、何となくピントが合ってるように見えるが
等倍にするとヒドイもんだが、まあよしとしよう。

IMG_3845
ハチクマ

P1060166
これはトビ

IMG_3860
多分サシバかな?
飛んでる鷹の背中を見れるのが、ここのいいところ。

IMG_3871
サシバ

IMG_3900
ハチクマ

IMG_3914
ハチクマ
今回の一番の近距離撮影。
近いほど難しい!

IMG_3917
サシバ
渡っていく鷹はほとんどサシバとハチクマだが、印象だと
6:4でハチクマが多い感じかな。
ここ白樺峠は日本で夏に繁殖を終えた鷹(主にサシバとハチクマ)が越冬のために東南アジア
に渡っていくコースになっていて、居ながらにして鷹を見ることができる。


IMG_3925
ハチクマ
12時を超えると、動きがなくなってきた。
今回は自分的には結構当たりな感じで1000羽くらいは
飛んだのではないかと思ったが、信州ワシタカ類渡り調査研究グループの
発表では2015/9/19は738羽だった。
最高を数えたのは9/15のなんと3541羽!

P9190011
でも今日は十分満足したので、2時ごろ下に降りた。

P1060205
鄙びた峠道を松本方面に下るが、
昨夜は一睡もしてないので、睡魔との闘いだった。

P1060206
国道にでたところで、たまたま見つけたJAがあいていて
食料買い出し。良かった、肉と野菜を手に入れた!
今夜は近くにあった高ソメキャンプ場¥1500に決定。
後でわかったことだが、たまたまサイトが空いてたみたい。
安い割にサイトは広いし、直火もOK、設備も綺麗、ロケーションも悪くないし
でいいキャンプ場だった。でもファミリーキャンプ向けかな。
野趣には欠ける。

ちょっと遠いが、モックの湯という温泉が割引になるらしいので
そこに行ってみるが、可もなく不可もなく。
これなら峠の途中にあった富喜の湯の方が趣があってよかったかなあ。

P9190023
で、ひと風呂浴びて、キャンプ場に戻ったらもう真っ暗。
日中は半袖でも暑いくらいだったが、日が暮れると肌寒い。
フリースで丁度いいくらい。
ここで今回新兵器のB-6君登場。

P9190027
薪を集めるのはもう面倒なので、まきをキャンプ場で買ったのだが
それが結構デカく、ナタを忘れたもんだから細かくできず
火をおこすのに苦労した。
B-6君は名前の通りB6サイズなので、当然まきは入りきらず
とりあえず、盛大に焚火にして炭になったところで放り込んでいった。

P9190029
肉食って飯食ってワイン飲んだら、もうたまらず即就寝。
[PR]

by gucchi-gt | 2015-10-05 00:59 | ジムニー旅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyousuna.exblog.jp/tb/24962743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 長野4泊5日 ジムニーJA22...      ジムニーJA22 ナルディのス... >>