2015年 05月 11日

GW後半 粟島カヤックキャンプの旅 Day2

b0019819_1615364.jpg


あけて二日目、今日は北回りで島を半周して
東側の内浦キャンプ場まで漕ぐ予定だが、、、




P5050116
風はかなり収まり、雨も上がって天気は良いが、

P5050123
波は高く、一撃即沈状態。
ゆっくり朝飯を食べてしばし停滞。

P5050127
そのうち島内放送で、波が高いので観光船の運航中止の放送
が聞こえてきた。

どうするべ?と協議し、まずは地上から様子を見に行くことに。
左の波の来ていない場所から出艇できれば、あとは海況は
そんなに悪くはなさそう。

P5050129
で、出航準備

P5050130
汀沿いにカヤックを引きながら移動したが、
波が強く、結構難儀した。

P5050133
なんとか、11:34出艇
北回り距離が長く危険そうなので、
昨日と同じルートで南周りで。
沖に出ると結構うねりは大きい。

P5050137
日差しが強く暑そうだったので
服装は長袖のラッシュガードだけにしたが
空気は冷たく、少し肌寒い。

写真を撮る余裕があるのはこのあたりまで。

岬に近づくにつれ、海は荒れ気味に
風は強くないので、ウェザーコッキングが起こらない
だけまし。(余談だが、このウェザーコッキングという単語が
ずーっと思い出せなかった。この記事を書くにあたって仕方なく
検索した。)

岬の延長線上には大波が立ち並び、なかなかルートが見つからず
随分沖の方まで迂回した。

岬付近では左後方からの追波にかわり
たまにくる早くて大きい波にぶつかると
ヒヤッとする場面も。

岬を越えると海は一変穏やかになり,
ほっとする。

P5050143
14:36 無事内浦キャンプ場に上陸。
船から降りると膝ががくがくで痛い。
それだけ下半身突っ張ってたんでしょうなあ。

今回はたまたま何事もなく上陸できたけど
本当は観光船の運航中止を聞いた時点で
やめておくのが正解だったかも。

荒れた状況の中では自分は何もすることなく
もう舟任せ。ウィスパー様様だった。
少し無理したおかげでウィスパーへの信頼感
が絶大的に増した。

P5050147
今日はこれであがりとした。
遅めのランチをとって装備の乾燥しながら
ゆっくりした。
乾燥した地面と豊富な真水があるだけで
幸せな気分になれる。

P5050150
内浦キャンプ場はトイレ、水場完備。
ロケーションはいまいちだがまあ、無料なんで
文句なし。

P5050152
対岸には本土がみえている。
こちら側からみると、近く見える。
もっと実力をつけて横断してみたい。

P5050171
月の光が対岸までを1本道で照らしだしている。
これを辿れば夜でも対岸まで渡っていけそうな気になってくる。

P5050174
流木は豊富にあるので、ゆっくりじっくりたき火
やはり火のそばを離れると肌寒い。
灰になるまで燃やし尽くして、就寝
今日もよく眠れそうだ。
[PR]

by gucchi-gt | 2015-05-11 00:43 | カヤック | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyousuna.exblog.jp/tb/24460679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marutaka at 2015-05-11 20:19 x
こんばんは。
先日粟島の内浦キャンプ場でお会いしたモノです。
毎回レポートを楽しく拝読しております。

機会があればご一緒したいですね。
Commented by gucchi-gt at 2015-05-11 21:32
marukataさん、こんばんは
コメントありがとうございます!
嬉しいお言葉痛み入ります。
またどこかで漕ぎましょう、色々教えてください!


<< GW後半 粟島カヤックキャンプ...      GW後半 粟島カヤックキャンプ... >>