2014年 06月 19日

ユーコンに行ってきました、なんちゃって奥利根湖カヤックキャンプ

b0019819_2282715.jpg


先日行ってきた奥利根湖の写真だが、
もうこの際、ユーコン川と言っても差し支えない
風景ではないか!





海はちょい荒れ気味予報ということで
ならまた湖でキャンプして翌日奥利根湖を
漕ごうということに。
P6140252

旅の道連れはカフナ乗りの井上。
彼は横浜から国分寺まで3時間近くかかったらしい。

お昼すぎに国分寺を出て群馬県はならまた湖を目指す。
時間があれば一漕ぎできるどうかって時間帯。

P6140277
で、ならまた湖着が17:30
もう時間切れだね。

P6140279
湖畔のオートキャンプ場に幕営
ナイトヘブン、早くも3回め
井上はヒルバーグ

オートキャンプなので、極楽快適だね
たまにはいいか。
サイトはガラガラ、うちらをいれて4組ほどか

P6140282
直火は禁止だが、焚き火台を使えば焚き火もOK
湖岸で流木たんまり拾ってきた。

P6140287
トンテキ焼くの図
夕方は蚊が飛び回っていたが
この頃にはほとんどいなくなっいた。

P6140285
日中は暑かったものの
日が暮れてから気温は8度まで下がり
震えがくる直前の寒さ。
焚き火のそばから離れられません。
ダウンジャケットがあっても全然よかった。

月明かりが物凄く明るく、星空いまいちな感じで
撮影まで至らず。

P6150295
昨夜は寒さであまり寝られなかったが
翌朝5時半起きで車で30分の奥利根湖に向かう。
ちなみにテントは内外ともに結露でびっちょり。

P6150296
前回来た時は貯水率一桁台の渇水泥水状態だったが
今日はほぼ満水。残雪の山も見れたよ

P6150298
で、9時出艇 天気は晴れ
暑くなりそう。

P6150304
朝は風もなく穏やか、
右の本流側に向かう。

P6150308
脳内はすっかりアラスカですよ。

P6150310
本栖湖ほどの透明度は無いが
まあ水は綺麗。

P6150322
上流から向かって左岸の入江に入り
どんつきまで漕いでいくと

P6150323
岩が両側から迫ってきて

P6150321
小さな滝が出現、一気に涼しくなる。

P6150326
その後、本流に戻る。
奥利根湖はダム湖なので岸が急峻で上陸場所が殆ど無い。

P6150329
二時間程漕いで、細いが落差のある滝に到着。
この滝手前、右岸側に上陸ポイントあり。

P6150331

P6150333
さらに本流を漕ぎ上がっていくと、両側が狭く
なってくるところがある。このあたりもアラスカ度満点

P6150335
そして右岸側の入江の奥に上陸して
ここで昼飯。流れ込みの水温は冷たく
10秒と手をつけてられない。

P6150346
さらに最奥を目指す、かなり大きい雪渓の名残も
所々にある。

P6150347
最奥の流れ込みはかなり早い流れになっていて
遡上は無理。ここより引き返す。

P6150356
一番狭くなっているところ
ここ一番好きやなあ。

P6150372
その後はほぼ向かい風。
まあいつものことであるが、やはり辛い。

P6150382
残雪の山を見ながら漕ぐなら
左ルートの方がよかったかも。

P6150383
でまあ、3時無事到着。

P6150384
今日はデッキにかぶるような波もなかったので
乾燥は早かった。びしょ濡れだったテントも完全乾燥。

P6150386
帰りはさほど渋滞もなく。
途中のSAでワールドカップ、日本が負けたことを知る。
残念。

新緑+残雪のピークはちょっと過ぎてたけど
奥利根湖またきたいね、紅葉の頃とか。
[PR]

by gucchi-gt | 2014-06-19 23:49 | カヤック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyousuna.exblog.jp/tb/22798947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 南房総 ウミガメ、サメ、沈、常盤貴子      雨の3連休は引きこもり >>