今日もどこかでスナフキン

kyousuna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 06月 01日

南南西に進路をとれ、内房カヤックソロキャンプの旅

b0019819_21571719.jpg


さてさて、内房にカヤックソロキャンプ
漕げるとこまで漕いで、適当な浜で野営。
そんなスタイルでいくよ。




P5310128
金曜の深夜に出発
夜のウミホタルはガラガラ。

P5310130
今回の出艇地は内房、大貫海岸。
今日も寝不足スタート
できれば館山まで一気に行ってしまいたいが。

P5310132
新しいパドル
ワーナー、リトルディッパー
フェザークラフト ウィスパーにはこういう
トラディショナルなパドルが似合うと思うわけですよ。

P5310133
ウィスパーを組むときにいつもの位置でテンションかけると
フレームがえらい曲がってしまう。
スキンが縮んだ?ひとつゆるめて組む。
まあ、結果的には問題はなかったが。
で、6時半出発

P5310134
うねり少々、風少し。
すっきり晴れてはないが、海況はよさそう


P5310136
長い海岸線を横断中
東京湾観音も見えてきたよ。

P5310141
この辺りは完全一人旅
周りに誰ーもいません。
唄う歌は「泳げタイヤキ君」
所々歌詞忘れてるが、この歌深いね。
「毎日毎日楽しいことばかり」ってとこが
特に物哀しいな。

P5310146
上総湊、竹岡と過ぎて浜金谷のフェリー乗り場
が見えてきた。
エンジン音が高まっているが、出航するのか?

P5310148
遠目で見ていると動いてるのかよくわからなかったが
やはり出航時間のようだった。
しばし待ちでやり過ごす。

ここまで3時間半漕いできて
暑さにまして疲労からか寝不足からか少し船酔い気味に
明鐘岬を過ぎて、上陸できる浜までが長かった。



P5310152
ここは保田の少し手前の元名海岸のようだ。
一気に4時間漕いで疲れ果てた。
浜辺で寝っころがって少しウトウトする。
もうここで、キャンプでもいいな~

P5310153
新パドル、リトルディッパー
漕ぐのに力がいるし少々重量があって
時間がたつにつれ、その重さが腕に来る。

P5310156
気温もあがってきてもう夏の様相。
海は赤潮みたいのが浮いていて
水質はあまりよくない。

P5310157
少し休んで元気になったから
さらに南下するよ。

P5310159
内房には珍しくヨットが沢山浮いていた。
このヨットはエアコンの室外機つけてたよ。

P5310160
浮島がみえてきたよ。
ここのブイは間隔が狭くて通り抜けれない。
少し広いところを見つけて通り抜ける。

P5310161
浮島 個人所有の島で上陸不可。
釣り船が沢山動きまわっている。

P5310163
島の西側に出ると海はドンブラコ状態に。
でもこんな穴がある。

P5310164
こんなのもある。

P5310165
通り抜けられるの?

P5310167
浮島を抜けるのに結構時間がかかってしまった。
浮島の先に潜水艦のような物体がみえてくる。
疲れ切る前に上陸しよう。

P5310168
目の前の岩井浜は漕いでも漕いでも
近づいてこない。

P5310169
やっとのおもいで岩井浜に到着。
潜水艦からが長かった。
ずいぶん潮がひいている。
ここは遠浅の浜みたいだ。

P5310170
ここでも結構疲れきって、ランチタイム。
フリーズドライのパスタ。
もうここでキャンプでもいいな~

遠くに見えるのが僕の船
海に浮いてるわけじゃないよ。


P5310175
飯食ったら少し元気になってきたので
また南下するよ、今度は南無谷岬越えだ。
南無谷岬はいつも緊張を強いられるのだが
今日は穏やかだ。

時折向こうが見えなくなるくらいの大きなうねりがくるが
風が弱いので大丈夫。

ただ南無谷崎は3つくらいの岬が集まっているので
越えたと思っても次のが現れるので注意。

P5310182
で、大房岬に到着。
ここの浜はドン深で股下まで
水に浸かる。
ここで4時半。館山湾横断は時間的に厳しいな。
もうここでキャンプでいいかな~

今日は何キロ漕いだかわからないが
キャンプ道具満載の重い船で
こんだけ漕げば十分でしょ。

P5310183
ワレチカラツキハテココヲヤエイチトスル。

P5310185
今回はサンドペグを用意してきよ
全長38cm

P5310187
アウトドアリサーチ ナイトヘブン、しっかり設営できた。

P5310190
その辺りの流木を支柱にしたよ。
パドルでも設営可能を確認。

P5310198
ただいま炊飯中。
ウッドストーブでお湯も沸かすよ。

P5310201
前菜はにゅうめん。
冷えた身体に染みわたるよ。
まあ今日は冷えてないけどね。
日が暮れても長袖Tシャツ一枚で十分。

P5310199
ナイトヘブン、いい形だー

P5310200
トランギアのケトルも気に入った。
やたらと湯沸かし中

P5310202
で、本菜は卵と缶詰の鶏肉で親子丼
玉ねぎ忘れた。。。

P5310203
鶏肉少ないが、ご飯にぶっかける。

P5310211
後は誰もいない浜で焚き火タイム。
ウッドストーブでこじんまりと。

曇りがちで満点の星空とはいかなかったが
それでも都心とは比べようもない数の星が
コンデジではうまく撮影できず。

海では夜光虫が幻想的に光ってます。

P5310205
で、就寝なわけですが、
テント内に侵入した
飛び跳ねる虫、動きまわる虫、よじ登ってくる虫、噛み付く虫、巣を作る虫
多数。
首筋や耳に張り付いて噛み付くやつを
ちぎっては投げ、ちぎっては投げしてたら

全然寝られへんけー!

P6010224
で、
またもや寝不足の夜明け。フロアレスは浜辺キャンプはきついか。
夜露と結露でテント内外ともにびっちょり、
シュラフも少し濡れてた。
朝飯のラーメン忘れた。。。

P6010228
今回の荷物はこんなもん。
終日長袖Tシャツ一枚で過ごせた、
防寒着はいらなかった。

P6010226
海はガスっててなんにも見えない。
館山湾横断は横断だけならまだしも
往復する気は起こらず。館山まで漕いで
上がるとするか。

P6010229
で、霧で方向がわからないので地図とコンパスで確認
進路は南南西170度の方向。デッキコンパスを頼りに
航行といきたいとこだが、

P6010231
まあ岸沿いを進む。6時半出発
身体が重い。ゆったりしたうねりの中を
ねっとり進む。

P6010235
で、北条海岸に上陸。

P6010242
総重量50キロ近い荷物をもって館山駅に向かう。
ほんの400mほどだが、息があがる。

P6010243
トロピカルムードの館山駅から内房線に乗る。

P6010245
小一時間で大貫下車。
一日がかりでカヤックで漕いだ距離を
電車は一時間で戻ってきた。

いや逆に電車で一時間の距離を
2日かけていくのが乙な旅ってもんでしょう。

駅に荷物を置いて、大貫海岸まで車を取りに行く。
結構遠くて20分は歩いたかな。

帰りのアクアラインの入り口でETCが通信エラーでひっかかる。
ETCカードの期限切れだって。
ETCfだと800円のところ3200円もとられる。

アクアライン800円なら利用価値あるけど
3200円は高すぎでしょ。

テントもカヤックも完全乾燥したので
うちに帰ってやることは
汗と焚き火の匂いが染み付いた服の洗濯と
クッカーを洗うことだけ。

いつでも出撃できるぜ~

by gucchi-gt | 2014-06-01 23:46 | カヤック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyousuna.exblog.jp/tb/22721065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< カヤック乾燥待ちな時間      今日の野営地到着 >>