2013年 06月 28日

思い立ったがカヤックキャンプ 中禅寺湖

b0019819_0105842.jpg


急なお誘いでしたが、行ってきました。
中禅寺湖



R0010401
前日夜に急に決まったカヤックキャンプ
当日バタバタ用意して、とーる君にピックアップしてもらい
13:58 習志野の自宅出発

R0010403

首都高、東北道、日光宇都宮道をのりついで
今市ICで下車。
車中で次々と忘れ物が発覚。

食料は全て途中のコンビニで調達。
最終の清滝ICで降りてもコンビニ有り。
中禅寺湖につく頃には小雨が。18:30

R0010406
菖蒲が浜キャンプ場にリヤカーで荷物を運び終え
まずはカヤック組立。

R0010407
組み立て終えたのはもう暗くなってました。
カヤックはおあづけにして、テント設営。
まあ致命的な忘れ物はなくて良かった。

R0010409
晩飯はコンビニ弁当でしたが、
とーる君のもってきたネイチャーストーブで
小枝を拾ってこじんまりと焚き火
これでなんとか旅情をだすことに成功。
空はどんより曇って星空は拝めず。

灰になるまで燃やしつくして
寝袋にくるまったのが、12:00近く。
冬用の上着を着て丁度でした。



R0010410
翌朝 4:00起床
色々あってテントサイトを移動。

R0010411
5:40 出航
空は一面もやってます。
気温、水温ともに14℃

R0010416
ほぼ無風です、
漕ぎ出しは何となく身体が重く進んでる感じがしません。

R0010420
少し日差しが出て来ました。

R0010425
華厳の滝へ続く東端の流れ出しまできました。7:00
ここまで長く感じました。ここでトイレ上陸。
空はだんだんと晴れてきました。

R0010428
そのまま南岸を回ります。

R0010429
男体山が姿を現しました。
なかなかのボリューム感です。

R0010432
とーる君のカフナです。
シルエットがかっこいいね。

R0010438
ちょっと判りくいですが
寺が崎です。地図でみると細長ーい半島になってます。
根本の砂浜に上陸。

R0010448
こうして見るとボイジャー450tもカッコいいな。

R0010447
中禅寺湖南岸には上陸できる良い感じの浜が何箇所か
ありますここでキャンプできるといいんですがね。

R0010443
一瞬男体山の山頂が見えました。
登ってみたいですね。

R0010441
少し休憩して、西端の千手ヶ浜を目指します。
カーボン色のカフナ、やっぱりSWATの特殊潜航艇のようです(笑)

R0010454
中禅寺湖南岸は湖岸に車道は走ってないので
静かですが、一定の間隔で釣り人がいるので
あまり岸近くは漕ぎ辛いです。

R0010456
南岸を半分くらい回ってようやく、人気はなくなりました。
水は綺麗ですね。

R0010458
この頃から東風が吹き始め、湖面も波立ってきました。
ウェザーコッキングで右へ右へと回されます。
もう片側スウィープ、スウィープの連続です。

R0010459
でもって、千手ヶ浜に到着。10:00
追い波は嫌いじゃないですが、ちょっと疲れました。


R0010462
少し早いですが、ここで昼飯。

R0010465
今度は向かい風の中を菖蒲が浜のテント場に戻ります。
ここから菖蒲が浜までも釣り人はみかけません。
上陸できる浜もあります。

R0010473
ウッディなカンディアンタイプのディンギーが向かい風を
ジリジリと進んでいます。
一度やってみたいな、ディンギー。

R0010476
向かい風は進路を保ちやすいのである意味楽です。

R0010477
で、菖蒲が浜に戻ってきました。12:30
撤収途中雨が降ってきて、乾燥できまませんでしたが
15:03 撤収

宇都宮でラーメン食べて
18:00 帰宅。
ひどい渋滞はありませんでした。

中禅寺湖は一周約23キロ
精密に湖岸をトレースした訳ではないので
17,8キロくらいの漕ぎかな。

南岸は割と湖岸に変化あるので、
飽きずに漕げるいい湖でした。
[PR]

by gucchi-gt | 2013-06-28 01:10 | カヤック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyousuna.exblog.jp/tb/20697756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< GO! 谷川岳馬蹄形縦走 その1      房総の山へMTB >>