2013年 05月 03日

紀伊長島 無人島カヤックキャンプの旅 day2

b0019819_21332835.jpg


day 2
2013-05-03
さて二日目、いよいよ無人島巡り始まります。




P5030028
6時頃起床だったかな。
寒くて、朝方は起きたり、寝たりでした。
テント泊のとーる君も同じだったようです。

R0010236
朝飯はトーストとハムを食べて
初めてのキャンプ装備をカヤックに積み込みます。
ある程度のバランスだけ考えて、ぽんぽん放り込みます。
多分20kgは越えてると思います。

長期ツーリング向けのボイジャー450Tさすがに
これくらいの荷物は楽勝で飲み込みます。

R0010237
でもって
9:03 古里海岸を出艇。晴天ほぼ無風
まずは赤野島を目指します。

R0010242
写真では分かりませんが、抜群の透明度です。

R0010245
うねりもなく、絶好のツーリング日和。

IMGP0190
赤野島には上陸せず、島と島の間を抜け

R0010249
小エキス島、大エキス島を回り込んだ浜を
目指します。

R0010251
この浜に上陸。

R0010252
この浜は陸からは来れないし流木も多く、キャンプ適地です。

R0010250
5分ほど、ヤブを歩けば諏訪池があります。
しばし休憩して出艇

R0010254
内陸の山々は折り重なって山深そうです。

R0010255
長島港を横断して今日のキャンプ予定地
千鳥島が見えて来ました。
全周200mほどの小さな無人島です。

IMGP0206
奥行き15mくらいの小さな砂利浜があります。
一応ここでキャンプ予定ということで
もう少し漕ぎにでます。

R0010256
カンムリウミスズメの繁殖地になっている耳穴島が
近づいてきました。
その後、錦湾を横断して目戸鼻にある洞門を目指します。
このへんで少しうねりがでてきました。

R0010258
洞門は小さなものでしたが

R0010259
くぐることが出来ました。

R0010262
14:30 錦湾よりの浜に上陸、休憩

R0010264
後はキャンプ地の島に戻ります。

R0010268

R0010270

R0010272
今夜の寝床となる島に戻って来ました。
ただこの島の浜には流木が1本も無いので
一旦上陸して対岸の浜に流木を拾いに行くことに。

R0010274
荷物満載で漕いでいるときは別に重さは感じなかったのですが
荷物を下ろして漕いでみると軽い軽い
スーっと進む感じです。

R0010275
対岸の浜には流木がたっぷりあり
30分探せば、こんなに集まりました。
挺内にもくまなく詰まってます。

R0010279
そして今日はテントを張って、無人島キャンプです。

R0010290
暗くなる前に、火をおこし晩飯の準備します。
流木はカラカラっに乾いているので、
ものの数時間で燃え尽きました。
今夜はレトルトカレーとハムのあぶり焼きでした。

R0010293
ここで焼串は長いものを使うべしと思いました。
短いと熱くて、なかなか炙れません。

いやー、しかし無人島キャンプいいっすね~
ただでさえ精神年齢低いのに、さらに下がってしまいますねー
写真観てるとまた行きたくなるねえ。
関東にもないかな無人島。

今度はギター持ってくるかね、なんて話しながら
夜は更けていくのでした。
[PR]

by gucchi-gt | 2013-05-03 22:26 | カヤック | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyousuna.exblog.jp/tb/20447052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by _kyo_kyo at 2013-05-22 10:04
ライブお疲れ様でしたと書こうと思ったら、こんな楽しそうな記事が^^
無人島♪
子供の頃、「ツバメ号とアマゾン号」で嵌った、
少年少女の帆船冒険物シリーズ(知らないだろうなあ)を懐かしく思い出しました。
あの頃は、パンにコンビーフで無人島生活、憧れたもんでしたが、
こうして実際に冒険されている方達のレポートを拝見出来るなんて、
とっても幸せな事です。
ライブに、カヌーライフ、羨ましいっ^^
Commented by gucchi-gt at 2013-05-22 23:45
kyoさん、
へー、パンにコンビーフに無人島生活なのね。
「ツバメ号とアマゾン号」は知らないけれど、少年少女の帆船冒険物シリーズなんてあったのね。今読んでみたいわ~。
「冒険ダン吉」なら読んでたけどねー。
冒険なんてそんな大それたことじゃなく、冒険ごっこね。


<< 紀伊長島 無人島カヤックキャン...      紀伊長島 無人島カヤックキャンプの旅 >>