今日もどこかでスナフキン

kyousuna.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 05日

自由になれた気がした行者小屋の夜 テント泊 赤岳-中岳-阿弥陀岳 その1

猛烈に山の中で泊まりたい気分になったので
急遽テントをヤフオクで入手、八ヶ岳に行く事にする。

4日の火曜日
仕事を終わらせて
1泊2日のテント泊装備の準備が終わったのが
深夜13:00 シャワー浴びて13:30出発

やはり準備は少しずつやっておくのがいいな。
今日は軽い頭痛がする。

深夜の中央道をひた走り、4:30八ヶ岳PAにて2時間仮眠。
小淵沢ICを降りて美濃戸口より林道を走り、赤岳山荘駐車場に
7:10着 駐車料金は2日分で2000円 うっ高い。

着替えたりトイレ行ったり、(赤岳山荘のトイレは50円)
で出発は7:40

P1040357
今回はオスプレイのケストレル38L
1泊2日テント泊装備でパンパンです。
オージー・ビーフ300gと米2合ももってきたので
重量は約12kgです。







今日の予定は行者小屋でテント泊
明日赤岳に登ります。

膝に不安があるので、
今回はテント泊装備の荷物を背負って
歩けるか?赤岳クラスの山を不安なく
登り降りできるかのテストトレックです。

P1040361
今日は行者小屋で泊まるだけなんで
赤岳鉱泉経由で北沢方面に進みます。

P1040362
最初はこんな感じの林道歩きです。

P1040358
これはトリカブトでしょうか。
あちこち咲いてます。

P1040369
暫く行くと北八ツのような苔むした感じになってきます。

P1040374
開けた河原にでました。

P1040378
ヒョウモンチョウ(多分)

P1040385
クジャクチョウ

P1040392
1時間程で堰堤広場にでます。
ザックは重いですが、道は平坦なので
そんなに負担には感じません。

P1040393

P1040401

P1040409
このあたりはクジャクチョウがデフォルトです。
明るい開けた沢沿いの花によくついていました。
千葉ではまず見られないですからねえ。

P1040408
沢はなんだか赤っぽいです。
水は綺麗ですが、岩肌が赤いです。
赤岳と名付けられるのと関係あるのでしょうか?

P1040410

P1040416

P1040418
トンボも何種類か飛んでいます。
トンボは種類わからないです。

P1040422
そんなこんなで、赤岳鉱泉到着 9:50
後ろに見えるのは横岳でしょうか。

P1040425
赤岳鉱泉から行者小屋までは山道らしくなります。

途中、中山乗越から展望台にいきます。
10分もかからないですが、結構急登です。

P1040427
横岳

P1040428
明日登る八ヶ岳最高峰赤岳

P1040430
阿弥陀岳はすぐ近くに見えて迫力あります。

中山展望台は南八ヶ岳が一望できます。
夕方もう一回くることにしよう。

P1040446
そんなこんなで行者小屋到着 10:50
テント1泊 1,000円です。なんとなく高いです。
1回100円のトイレと水は使い放題になるので、微妙ですが。
駐車場と合わせると3,000円かかります。

P1040438
平日なんで空いてます。端の方の整地された場所に決めました。

P1040440
モンベルのステラリッジ1型です。
昨今のテントは軽量小型になって助かります。

P1040442
サクサクっと設営です。

P1040443
ここのテント場、ロケーションいいですねえ~
硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳に囲まれるように
立地しています。

P1040451
お昼は、アルファ米の五目飯です。
アルファ米は不味い印象があるのですが、
最近のはどうでしょう?
お湯を注いで15分待てです。

P1040452
スプーンもついていて、袋ごと食べれて手間なしです。
味もなかなかいけます!
高いのが難点です。350円くらいだったかな。

少し物足りないですが、今日はもう歩かないので
これでよしとします。

P1040454
まだ、12:00です。
日差しは強いですが、テント内は
風が通って気持ちよいです。
紅茶を沸かしてビスケット食べながら
持ってきた文庫本一冊読みきってしまいました。

P1040458
ステラリッジ1型の前室はこんなです。
雨の日に調理するのは、ギリギリできるかな
というくらいの広さです。
もっと大きい鍋だとかなりフライにあたりそうです。

P1040460
午後になると曇ってきました。
まだ少し頭痛が残ってますが、
夕焼けを期待して中山展望台にいきます。

P1040464

P1040470
夕焼けは残念ながら全然駄目でした。

P1040471
戻って米を炊くと、もう暗くなってました。19:00
コッフェルで米炊くのはちょっと難しいです。
途中、水を足してなんとか食べれる程度に。

汚く見えますが、肉超旨かったです。
焼きダレかけるとどんな肉でもゴハンがすすみます。
あまりの旨さに食い過ぎて明日のオニギリが小さくなってしましました。

P1040472

■以上全て panasonic DMC-GH-1 LUMIX G VARIO 14-42mm3.5-5.6

星空を撮影するつもりでしたが、シュラフにくるまってると
いつのまにか寝入ってました。
ラジオは野球放送が入ったり入らなかったりでした。
この写真撮ったのが19:28なので
20時には寝入ってたと思います。

シュラフはモンベルの化繊のやつでバロウバッグ#1です。
快適睡眠温度は-9℃になってますが、もう10年以上使っているので
かなり耐寒性能は落ちてる感じがします。

テント用の着替えは持ってきてないので
そのままの格好で寝ます。
半添Tシャツ、長袖Tシャツ、下は7分丈のズボン
サポートタイツと靴下は脱ぎました。

一応フリースはもってきましたが、今回は不要でした。

続きはその2へ。
[PR]

by gucchi-gt | 2012-09-05 23:19 | 山歩き | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyousuna.exblog.jp/tb/18951046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by takatixyan at 2012-09-24 05:48
凄い、山男でもあるんですね。
モンベルのテントいいですね。
あと、肉がとても美味しそうです。
続きのその2がとても楽しみです。
Commented by gucchi-gt at 2012-09-29 17:51
スムースさん、
山男って程じゃないんですが、昔から山は好きでした。
肉は激ウマでしたよ~、
テントも一人用なので、ちょっと狭いですが快適です。


<< 自由になれた気がした行者小屋の...      カヤック 奥利根湖は大減水だった。 >>